呼吸器センター

呼吸器疾患の内科領域(呼吸器内科)と外科領域(呼吸器外科)が1つとなり、呼吸器センターを開設しました。

センター長あいさつ

呼吸器センターでは、肺がん、肺感染症、気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、間質性肺炎、気胸など、肺に関わる疾患を幅広く診療しています。呼吸器内科で診ている疾患の中には、肺がん、縦隔腫瘍、気胸、難治性膿胸など外科的手術が必要な病気が多くあります。一方、呼吸器外科で治療を行っている患者さまも内科的治療はもちろん大切です。そこで毎週のカンファレンスで患者さまの情報を共有することで、どのタイミングで何の治療や検査が最善かを話し合っています。密接な連携により緊急で手術が必要となった場合にも切れ目なく、迅速に手術に臨むことができます。

呼吸器センターとして内科と外科の枠を超えて、これまで以上に連携を重視したチーム医療を心がけることで、患者さまにとって最も良い医療を提供することができると考えています。

呼吸器センター長 山田 崇央